お店のご紹介

アールドゥ 嘉土のホームページにご訪問いただき、有難うございます。

アールドゥ 嘉土は、荻窪の住宅街の中にある、器と生活雑貨を扱うこじんまりしたお店です。

店主の趣味で、作家の方の陶磁器や漆器の個展を定期的に開催しております。

おかげさまで開店二十四年目に入りました。

こちらのサイトにお店へのご案内を記しております。

皆様への感謝の気持ちを込め美しい逸品を揃えて、
ご来店をお待ち申し上げております。

アールドゥ 嘉土 店主

展示会のお知らせ

開催中の個展はございません

<今後の展示会開催予告>

圡楽窯さんの個展開催いたします

開催期間:2021年10月8日(金)~30日(土)

 

—————————————————————————————

> 圡楽窯さんのお話   TV放映 がありました!

NHK BS4K  2021年4月24日(土) 午後10時30分~ 午前0時00分

NHK BSP      2021年6月5日(土)    午後11:30~午前1:00

伊賀の圡楽窯陶工・福森雅武さんと家族の美しい日々を映像詩でつづる。

https://www.nhk.jp/p/ts/DJ78GVX7XW/

  土楽さんの日日~伊賀陶工に宿る「土・食・花」~

伊賀の土楽窯陶工・福森雅武さん。自作の器で山里の恵みを自分流の料理にし、客をもてなす。自然とともに自由人として生きる福森さんと家族の美しい日々を映像詩でつづる。

三重県伊賀市に江戸時代から続く窯元・土楽窯がある。「伊賀にうまいものを食わせる家がある」と白洲次郎・正子夫妻をはじめ各界の著名人が魅せられ、通い続けてきた。もてなすのは七代目・福森雅武さん(77)。自作の器で山里の恵みやキノコ、畑で耕した野菜を自分流の料理に仕立てる。野の花を活け、客人と酒を酌み交わし遊ぶ。そんな自由人、福森さんと家族の厳しくも豊かで幸せな日々を季節の巡りとともに見つめる。

【朗読】樋口可南子,【語り】池脇千鶴,【出演】料理研究家…土井善晴

—————————————————————————————-

谷道和博 第9回
吹きガラスと琉球藍染涼感展

期間: 2021年6月7日(月)~30日(水)(日曜休み)

有難うございました!終了いたしました。

会期後の営業は、時短営業に戻り 18時閉店になります。
ご了承ください。 

谷道和博 個展 2021年 アールドゥ嘉土

谷道和博の造形美と創造力豊かな大、小ガラス鉢、

ワイングラス、ビアグラス、ガラス皿など各種

夏のテーブルを涼しく演出しました。

     お越しいただき、有難うございました。

会期中の展示会の様子を掲載しました。
⇒ 詳しい様子はこちらからどうぞ!

 

—————————————————————————————-

<今後の展示会開催予告>

・12月に箱瀬淳一さん
   の個展を開催予定です。
詳細が決まりましたらご案内させて頂きます。

開催が終了した個展はどうぞ ⇒ こちらから

 

 

マップ&アクセス

マップ:

〒167-0051
東京都杉並区荻窪1-56-8

お店の地図をGoogleMapで見る

アクセス:

・東京メトロ丸ノ内線

– 丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅 1番出口より 1.1 ㎞ (徒歩13分)
>>徒歩道順:GoogleMapはこちら

・JR中央線

– JR 荻窪駅 南口より 1.7 ㎞ (バス12分 下車歩5分)
荻窪駅南口1番のりば関東バス 荻51「シャレール荻窪行」乗車
(乗車12分)終点 シャレール荻窪バス停 下車 徒歩5分
>>バス時刻表: 関東バス 荻窪駅南口発 シャレール荻窪行はこちら
>>バス下車道順: シャレール荻窪バス停からお店までの道順はこちら

– JR 阿佐ヶ谷駅 南口より 1.7 ㎞ (徒歩21分)

JR阿佐ヶ谷駅 南口からの徒歩の道順はこちら

営業のご案内

アールドゥ嘉土 エントランス 夜景

住所

〒167-0051
東京都杉並区荻窪1-56-8

連絡先

T E L : 03-3391-2444

営業時間

~8/31まで夏季休業を頂いておりました。9月1日より営業再開しております。
ただ、時短営業で午後 6時に閉店にさせて頂いております。

ご理解をいただけましたら幸いでございます。

月〜土: AM 11:00~ 時短営業 PM 6:00 
日曜・祝日定休

誠に恐れ入りますが、
不定期にお休みを頂戴することがございます。
お運びいただきます際には、
ご一報いただけますと幸いでございます。

(また冬季と夏季に長期のお休みを頂いております。)